×
shead_company
  1. オーガニックへのこだわり

オーガニックへのこだわり

これからのデイリーアロマジャパン 香りのため、未来のため。私たちはオーガニックにこだわります。

デイリーアロマジャパンがオーガニックを選ぶ理由。
それは、香りのためだけでなく、水や空気を守り、
未来に美しい環境を残していくためでもあるのです。

デイリーアロマジャパンは伝えます。
未来の子供たちに、健康で美しい環境を残せるように。

土

植物は土から栄養を吸収し、成長します。農薬や化学肥料を使っていない土はやわらかく、植物はしっかりと根を張りたくましく成長します。オーガニックはとても手間がかかりますが、植物にとってはとても大切なことです。

水

植物にとっても、私たちにとっても大切な水。私たちが今飲んでいる水は、私たちが産まれる前に降った雨がゆっくりと土に染み込み、湧き出た水といわれます。きれいな土がフィルターになり、美味しい水が生まれているのです。

未来へ

私たちがオーガニックを選ぶことは自分自身のためだけでなく、きれいな土、水が生まれることに繋がります。土・水・植物を循環させていくことは、私たちができる未来への贈り物です。

オーガニック原料へのこだわり

デイリーアロマジャパンは定期的に海外のオーガニック農家を訪問。世界中から厳選した原料を取り寄せています。

  • ハーブは強い陽ざしから身を守るため、葉の中にいくつもある小さな穴から紫外線を通しているそうです。

  • オーガニック農法の強い味方が「アヒル」。ハーブは食べず、雑草を食べてくれます。

  • 24haの農地を持つオーガニック農家と3年ぶりの再会。名物のオーガニックスパークリングワインをご馳走になりました。

  • 蒸留小屋の2階には、蒸留用の円柱容器が3個あります。上からハーブを入れる仕組みです。

  • 山の中腹にある農家から10分くらい歩くと、一面のオーガニックラベンダー畑が広がります。

  • 農家の近くにある、フランスでも有数の美しい街。ゆったりとした時の流れが感じられます。

(写真は2012年7月、フランスにて)

オーガニック(有機)認証機関ECOCERT(エコサート)について認証件数は45,000件、オーガニックの世界基準。

ECOCERTは、1991年設立、フランスに本部を置く世界最大規模のオーガニック(有機)認証機関です。認証を行っている国は85カ国以上、認証件数は45,000件に及び、オーガニックの世界基準とも言われています。
オーガニック化粧品に関しては、BDIH(ドイツ)、Cosmebio(フランス)、Ecocert Greenlife SAS (フランス)、ICEA(イタリア)、Soil Association(イギリス)の5団体から出来た新しい基準COSMOS (COSMetic Organic Standard)に、2015年をめどに移行する予定です。
デイリーアロマジャパンでは、2012年7月にフランスのECOCERT本部を訪問し、COSMOSの講習を受けてきました。

ECOCERTの活動

ECOCERTは、オーガニックの展示会に出展、啓蒙活動をしています。デイリーアロマジャパンも2011年2月に、ドイツ・ニュルンベルクのBioFach2011でECOCERT20周年記念パーティに参加。
2012年2月の同BioFach2012やフランスBeyond Beauty Paris ShowのECOCERTのブースにデイリーアロマジャパンの商品を展示してもらっています。

デイリーアロマジャパンの取り組み

ECOCERTのホームフレグランス部門で、日本で初めて認定された「ラ・フルール オーガニックエッセンシャルオイル」をはじめ、コスメティック部門「ナチュラル&オーガニック化粧品」で認定された「ラ・フルール アルガンオイル・ローズヒップオイル」など、ラ・フルールシリーズでは積極的にオーガニック原料や植物由来原料を使用した製品を作っています。

お問い合わせはこちら

お問い合せ&資料請求はこちら

お問い合わせ
電話番号:03-3985-3713

個人のお客様はこちら『アロマ専門店 デイリーアロマジャパンショップ』 法人店舗様向け BtoB WEBショップ 『デイリーアロマジャパン会員制アロマ卸』 ラ・ルフルール 取り扱い店 2018年電子カタログ アロマの楽しみ方 メディア情報
ページトップ